月次市場情報

月次市場情報
2024年4月戦略レポート:全体状況を監視
•    世界中、2024年第1四半期には金融資産、特に株式ファンドに投資されたキャッシュ フローが好調になった。米国市場の魅力により、依然として主に先進国市場への資本流入が続いていた一方、新興市場への資本流入は横ばいとなった。
•    ベトナムでは逆の傾向が起こり、アクティブファンドとETFの両方が大幅に純流出を記録した。市場の上昇勢いは依然として主に低金利に支えられる国内個人投資家に依存した。しかし、FEDが利下げを開始する今年下半期から、ベトナム市場への投資キャッシュフローがよりポジティブになる可能性がある。
•    ベトナムの2024年第1四半期の成長データは、低水準を大きく上回っていないが、製造業、輸出入業、不動産業において回復シグナルを示した。マクロ経済の安定性、特に為替レートと金利の変動、及び国家銀行の行動は、近い将来注意深く監視する必要がある。
•    株式市場に於いては、VNインデックスは1,284ポイントで3月末の取引を引け、前月比2.5%上昇、2023年末比で13.64%上昇した。同指数はまた、2023年10月末の底値から24.9%回復したが、史上のピークまではまだ16%下回っている。VNインデックスは、日本と米国市場に次いで、地域内と世界で最も高い成長率のある株価指数リストにあった。
•    VNインデックスの上昇傾向は、指数の力強い成長期間後、4月の第1週に1,288 ~ 1,292の中期レジスタンスゾーンのすぐ下で一時的に減速した。注意すべきサポートポイントは、VNインデックスの1,240 ~ 1,230ポイント及び1,203ポイントである。
•    市場の予想されるシナリオ:短期的な下落、積み立て、主要な上昇トレンドへの回復。4月は第1四半期決算期や株主総会シーズンであり、増資計画や生産・事業拡大などの成長関連の話題が引き続きキャッシュフローの対象になる。健全な市場下落期間中、投資家は全体状況及び各銘柄の成長見通しに焦点を当て、買い増やすための適切な価格帯を選択する必要がある。
•    SSI Researchの4月の推奨銘柄リスト:KDH、FMC、VPB、PLX、PVT、MSN

 

09/04/2024

Tải xuống
2024年3月戦略レポート:3月は「収穫期」
世界の投金フローは2月に株式ファンドへの流入が加速し、米国、日本、新興市場に焦点を当てていた。株式ファンドへの配分割合は過去2年間で最高水準に達している。ベトナムでは、ETFファンドのキャッシュフローが純流出を維持し、アクティブファンドには純流入に逆転した。 
ベトナムの2月のマクロ統計は改善の兆しを示した。FDI投資の支出と登録FDIは画期的なデータを記録し、公共投資の支出も加速していた。 しかし、消費は大きく回復していない。3月、金利(信用の回復可能性)、為替レート、国家銀行からのメッセージや政策を含むマクロ経済の変動が監視する必要になる。
ベトナム株式市場は2月に上昇の勢いが加速し、年初以来最も成する市場の一つになった。内発的な動機に加え、ベトナム株式市場は世界の株式市場の改善傾向にある。国内個人投資家の活発的な参加により、HOSEでの売買代金は5ヶ月ぶりの最高水準で、平均1日当たり20兆8,000ドンに達した。外国人投資家は先月中2兆8,000億ドン売り子したが、国内投資家によってすべて相殺された。
ベトナム株式市場の上昇傾向は4ヶ月続き、VNインデックスは2023年10月末から22%上昇し、2022年11月の底値からは37%上昇した。この回復は、予想を上回る2023年第4四半期の利益成長、景気回復への期待、低金利によって支えられている。
この上昇サイクル後、市場が大きく下落する可能性はあまり高くないと評価されており、過去のデータと評価の上昇を参考すると価格上昇の可能性はまだある。市場は急速な下落しか経験せず、すぐに主要な上昇トレンドに戻る可能性がある。しかし、上昇が鈍化し、変動リスクがより頻繁に発生する。短期取引では「高く売って安く買う」ことと、利益の維持にもっと注意を払うことは、現況では効果的である戦略である。
テクニカル分析によると、3月の市場動向は「ポジティブ」と「慎重」の2つのシナリオに分けられる。前向きなシナリオ:VNインデックスの短期的な下落がある場合、1,220 ~ 1,225の範囲でサポートされ、1,280に向けて徐々に回復する。このポイント数を超えると、次の目標は1,300になるろと予想される。
ここ数四半期中、株価の変動は利益の伸びと密接な関係がある。利益を確保した後、投資家は引き続き下落時に、鉄鋼ー亜鉛メッキ鋼板、小売、消費、証券など、2024年上半期に利益成長が見込まれる各業種グループの最も有望な銘柄を購入するまたは積み立てることができる。
SSI Researchの3月の推奨リスト:QNS、PVT、DPR、VCIの保有を継続し、新しい銘柄であるPLX、MSN、PNJを追加する。

 

08/03/2024

Tải xuống
2024年2月戦略レポート:吉祥如意
世界の投資キャッシュフローは、債券ファンドやマネーマーケットファンドへの投資が増加しており、依然として慎重な傾向にある。株式ファンドへの資金フローは多様化しており、新興国市場に明るい兆しが見られている。
ベトナムでは、アクティブファンドへのキャッシュフローが推進されていく。FTSE Russellがベトナム市場を新興市場に格上げするプロセスにおける問題に関する最新情報。
1月のマクロデータは、ベトナム経済がまだ回復段階にあるものの、回復ペースがかなり遅いことを示した。プラスのFDI資金、プラスの公共投資支出、低金利の継続、よく抑制されるインフレ率、徐々に高まっている為替圧力は注目すべき点である。 2月には旧正月の国内消費需要が焦点となる。
2023年第4四半期の市場利益の回復傾向は、比較ベースが低く、依然として多くの課題があるため、予想よりも良好である。
ベトナム株式市場は2023年10月の底値から3ヶ月以上回復し続けており、市場の心理は現在かなり楽観的である。しかし、投資家は2月の「健全な後退」に備える必要がある。環境問題が顕著だ。主要経済国のリスクはいくらか緩和する中、来期のキャッシュフローの主なテーマは依然として「回復」と「成長」である。
テクニカル的な観点から見ると、2月後半の取引はVNIndexが 1,160 ~ 1,210の範囲で変動する可能性がある。
投資家が年初に機会を探すために信頼できる投資テーマ:(i) 経営状況が回復し、株価の回復が全体の水準よりも遅い企業、(ii) 中核事業に於ける持続可能な成長を維持する企業、(iii) 回復後の増資計画や事業拡大計画に関する株主総会の情報、(iv) 政府の支援策や徐々に整備されている新法により、通過や金融政策の恩恵を受ける企業
SSI Researchの2月の推奨銘柄:DPR(新規追加)、QNS(新規追加)、VCI(新規追加)、HAH(保有維持)、PVT(保有維持)の5銘柄が含まれる。

 

15/02/2024

Tải xuống
2024年1月戦略レポート:持ち高の準備完了
ベトナム株式市場は2023年にポイント数が12.2%上昇した。市場は年間に4つの主要な変動期を経験していたが、一般的には、2022年の急落後、依然として多くの景気循環株の主な回復傾向となっている。2023年は中小型株の伸び率が約30%と一般市場を上回った。
2024年には、貿易、消費、公共投資の回復により、GDP成長率が改善すると予想している(予想6.0~6.5%)。しかし、世界経済成長の減速や地政学的紛争の拡大などのリスクは注意が必要である。
短期的には、政府の2024年行動計画の詳細と、信用機関法と土地法の可決を検討する可能性がある2024年1月中旬の臨時国会が注目されている。保証されたマクロ経済バランスを背景に、成長に焦点を当てるという政府の行動計画の強調は、今後のベトナム株式市場にプラスの要因となる。
2024年1月の取引には、ベトナム株式市場の変動は個人投資家の取引動向に大きく依存している。一部の株式グループは、次のような別の記事から恩恵を受けている:(1) 政府の2024 年行動計画の詳細、特に公共投資計画と消費支援策、(2) 商品のサプライチェーンに影響を与える世界の地政学的な紛争、(3) 2023年第4四半期の業績。銀行グループの評価額はかなり低いものの、今後数四半期、当核業界に対する課題は依然として多くある。
また、旧正月前のキャッシュフローが大きく変動すること、VNインデックスが短期底値から12%回復した際利益確定売りが起こること、為替変動懸念(最近の米国の経済指標によると、FEDが予想ほど早く利下げしないリスク)なども留意する。従って、投資家は市場変動が発生する際、機会を利用できる余地のための株式と現金のバランスを守る必要がある。
テクニカルシグナルに基づき、以前に確定された成長の勢いに次ぐVNインデックスは2024年1月に1,125〜1,180のレンジ内で徐々にプラスの傾向をたどった。同指数が1,095 ~ 1,100未満に下落するケースでは、投資家は再び購入するために市場のバランスが整うまで待つ必要がある。

 

15/01/2024

Tải xuống
2023年12月市場戦略レポート:ファンダメンタルズを強化

11月のマクロ統計データはより明るい兆しを示し、経済が回復の初期段階にあることが確認された。具体的には次のとおりである: (i) 生産と貿易は引き続き回復している;(ii) 消費はわずかに増加している;(iii) FDI支出は安定しており、公共投資支出は増加している;(iv) インフレと為替レートは冷え込み、金利は低水準に下落している。

ベトナム株式市場は、2ヶ月にわたる大幅な調整の後、11月にプラスに回復した。VNインデックスは1130日の取引を1,094.1ポイントで終了し、10月末の底値から前月比66ポイント(6.4%増)上昇した。VNMidcapVNSmallcap2023年初来、最も印象的な成長を記録した。

3つの取引所の平均売買代金は1セッション当たり19.3兆ドンに達し、10月と比べて14%増加した。外国人投資家は不動産、小売、食品・飲料など多くの主要グループに於いて売り越しを促進した。しかし、外国人投資家は資材グループに於いて、8,980億ドンという堅調な買い越しに反転し、年初来6兆ドン以上の純流入傾向を維持した。外国人投資家は化学製品、建材、石油、IT グループにも2ヶ月連続で買い越した。

202312月について、この回復の継続をサポートできる要因を再度強調する:(i) 為替レートの冷え込み、(ii) 金融政策 ー金利の低下傾向、(iii) 財政政策ー消費と公共投資の継続的な支援、(iv) 4四半期の決算期ー 比較ベースが低い。

テクニカルシグナルの評価によると、VNインデックスは202312月に以前のニュートラルシグナルからよりポジティブなシグナルに変更する傾向がある。指数の変動幅は1,065 1,175ポイントの範囲であると予想されている。

13/12/2023

Tải xuống
2023年11月市場戦略レポート:バランスのあるゾーンを一時的に設定

10月のマクロ経済には、加工製造、生産業にわずかの回復の兆しが見られたにも関わらず、原動力はまだ促進要因が足りなかったFDI投資家依然として、当月と2023年初10ヵ月のハイライトになった。インフレ圧力が徐々に減速する一方、為替レートは世界の傾向に従い変動していた。金利は引き続き下落トレンドになり、現在の預金金利は2021年の水準と同様になった(または下回った)。

ベトナム株式市場は引き続き大幅に下落した。VNインデックスは126ポイント下落して(前月比10.9%減、9月のピークから17.4%減)10月末に1,028.2ポイントになった。同指数は年初来2.7%しか上昇しなかった。

魅力的な定価の要因、低金利、企業向けの支援策が政府の金融政策を通じて強化されるのは、市場の中期・長期的な原動力である。一方、短期的には市場にまだ予想外の変動(米国の高金利、地政学的リスク、国内経済の弱い回復など)が起こる可能性が高い。

ただし、歴史上では、いかなる要因がある場合に於いても、VNインデックスでの15%以上の下落後、力強い回復及び傑出した利益をもたらす。市場は、全体の回復を上回った株式グループを好むと考えられる。短期的な変動はその株式の積立てのチャンスである。

11月の推奨銘柄:IDCPVTCTGBIDFPT

11/11/2023

Tải xuống
2023年10月市場戦略レポート:変動を踏み越える

今年第3四半期に国内経済の回復が弱かった。成長の原動力は好調ではないが、FDI投資はハイライトになった。SSI Researchは依然として2023年のGDP成長率が4.5‐5.0%であると予測している。

コアインフレ率は9月に依然として高止まりする一方、9月の平均CPIは政府の目標を下回っていた。為替レートは大幅に変動していたため、国家銀行はレートを緩和するためにTビル発行を行った。金利は引き続き下落トレンドにあり、現在の預金金利は2021年の水準と同様になった。

株式市場は9月中力強く下落したことがあるが、世界の株式市場とベトナム株式市場の両方には、ネガティブな状況よりも、ポートフォリオの再編を通じて慎重な投資心理が見られた。ベトナムでのETFファンドの流入額からポジティブな兆しがあった。

VNインデックスは長期的ピークから9.3%下落した。それは2023年第2四半期からの上昇サイクルの調整であった。今後、同指数のトレンドは、1,1001,190ポイントの変動レンジで1,100‐1,110の中期的サポートゾーンに徐々に積立てることである。

為替レートの変動、インフレの圧力、経済の回復の減速は引き続き株式市場のリスクとなるが、次の要因によりベトナム市場は中・長期的には値上げの潜在性がある:(i)下落調整後のより高いバリュエーション、(ii)低金利は引き続き株式に優位性をもたらす、(iii)市場は金融政策に注目する可能性がある。

投資チャンスがあるのは、2023年第3四半期から回復し、成長しており、2024年からも引き続き成長の勢いを維持できる銘柄である

10月の推奨銘柄は6つある:VGCVHCDCMHCMPLXFPT

13/10/2023

Tải xuống
2023年9月市場戦略レポート:基本的な要因があると好調になる

8月の投資心理は、リスクある資産に対するより慎重なセンチメンタルを示した。ベトナム株式市場は一般市場の慎重な動向になるが、通貨政策の緩和及び経済回復向けの金融政策から恩恵を受けていたため、よりポジティブな兆しが見られた。

ベトナムの8月の経済状況は遅いペースで回復し、力強い突破がまだ見られていない。政府は、成長とマクロ経済の安定化の間にバランスを取るべきである場合、より慎重な観点を持っている可能性がある。ただし、金利が急速に低下し続けており、それに伴い経済の資本吸収能力を高めるための解決策も講じられており、これが今後も株式市場の上昇を間接的に支援する要因となっている。

ベトナム株式市場の長期的かつ持続可能な成長は、管理機関と市場の関係者によって促進されていく。KRXシステムは稼働開始後、市場の活発な取引に新たなカタリストを作り出すと期待されている。

中長期間の上昇原動力は維持され、積極的に変更されていく。短期的には、市場は現価に於いて積立て、より前向きな動向を準備すべきである。ただし、短期的な調整のリスクが引き続き20235月の上昇から残っている。

明確な短期トレンドをサポートするテクニカルシグナルがない場合、市場がサポートゾーンに調整する際に、決定及び捕捉された買いポイントでレンジ内の取引戦略が適用される(VNインデックスの1,180マーク)

推奨銘柄:PLXSTBHCMMWGDCMBCMCII

13/09/2023

Tải xuống
2023年8月市場戦略レポート:メイントレンドに於ける柔軟性

7月も投資心理は引き続き改善しており、リスクのある資産への投資金支出がより積極的となった。特にベトナム株式市場は引き続き強い上昇の勢いを維持し、他の市場を上回ってきた。その原動力は財政政策の導入に加え、景気回復を支援するための金融緩和政策である。

2023年第2四半期の利益成長は、マクロ経済的課題を背景に実際には加速していなかった。ただし、連続で底打ちとなった3四半期後、下降の勢いが鈍化していたことは、政府の政策が徐々に企業の回復努力に反映されていたことを示した。テクニカル指標は1,2201,230ラインに隣接した上、20236月以降の上昇トレンドからVNインデックスには弱まる兆候がないことを示した。20238月の中期目標1,2951,305に向ける可能性が高い。短期的な下落調整がある場合に、1.1601.180ゾーンは注目する必要がる。

政府の支援策と共に、今年最後の2四半期の利益成長の回復は、株式市場が中長期的に安定した上昇傾向を維持するための強固な基盤となる。ただし、短期的な下落調整リスクもあるため、株式市場は今後大きく変動する可能性がある。

短期的な変動を活用してウォッチリストの株式を買い取りすることは、現在の状況で効果的な戦略である。8月の投資機会のリスト: MWGDCMQNSHHVBIDCTG

14/08/2023

Tải xuống
2023年7月市場戦略レポート:砂に金を探す

ベトナム株式市場は、主に財政・金融政策を通じて政府の一連の支援策に牽引され、底からの回復の勢いにより、より前向きな変動サイクルに入りつつある。一方、ベトナムの短期的なマクロ経済状況は、主要経済国の弱体化、国内消費の低迷、今年後6ヶ月の成長原動力として厳選された投資の影響により、依然として多くの問題を直面している。

6月のベトナム株式市場は、国家銀行の4回目利下げの恩恵を受け続け、上昇の勢いを維持した。VNインデクスは630日の取引を4.2%増の1,120.2ポイントで終了し、年初来11.2%上昇した。20236月には、VNインデクスは11.2%上昇し、東南アジアのいくつかの主要指数を上回り、新興市場の一般的指数(MSCI EM指数 +11.65%)と同等であった。

上記のテクニカル指標は6月の上昇トレンドがVNインデクスに於いて継続することを示している。同指数が1,1501,156の目標を達成し、7月の成長サイクルでは1,1701,180の範囲のより高いポイントに移行すると予想している。ただし、市場が安定的に1,100のマークを維持できない場合は短期的なリスクを受けることも注意するべき。証券取引所における上場企業の四半期利益の伸び傾向とともに、2022年第4四半期と2023年第1四半期は2四半期連続のマイナス成長が見込まれるが、その下落率は鈍化している。2023年第2四半期については、多くの大手企業が第2四半期に利益が改善し、2022年の同四半期と比べて場が高い比較圧力を受けないため、利益の下落率は引き続き縮小すると予想している。これが市場のポジティブな傾向を支える重要な要因であると考えている。

トレンドのテクニカル要素と今後の見通しを検討した上、市場にはまだ多くの機会がある一方、年次報告時期には投資家が期待と現実を比較できるため、変動力が高まり、季節性により高度に選択的かつ差別化されることが分かる。機会とリスクのバランスをとり、ポートフォリオを多様化することは、7月ポートフォリオの投資家に提案する戦略である。具体的な推奨銘柄グループには、ほとんどが第2四半期に良い影響を受ける業界の大手企業である: VNMQNSVREGMDPVDMBS

12/07/2023

Tải xuống
Công ty cổ phần chứng khoán SSI