UPCOMでの取引に関する規制

Đấu giá mới nhất

UPCOMでの取引に関する規制

労働法で規定されている休日を除き、毎週月曜日から金曜日。

取引時間

取引方法

注文を使用する(*)

9h00 - 11h30

ザラ場方式I

LO

注文取消/訂正可能

11h30 - 13h00

休憩

 

13h00 - 15h00

ザラ場方式II

LO

注文取消/訂正可能

9h00 - 11h30 & 13h00 - 15h00

交渉取引

交渉取引

(*)注:

LO-指値注文:指定された価格以上で証券を売買する注文です。価格を指定し;取引日の終わりまで、または注文がキャンセルされるまで有効です。

ザラ場方式:注文が取引システムに入力されたときに売付注文と買付注文が合致したものから次々と取引が成立していきます。価格決定の仕組みは注文帳の中で待機中の注文の価格に基づきます。

交渉方式:取引条件について買い手・売い手が互いに合意し、その後取引結果をシステムに入力し取引所に通知するという取引方式です。 あるいは、買い手・売い手が証券会社を通じて取引相手を見つけることができます。

1. 価格優先:
  • 買付注文は最も価格が高い注文が優先されます。
  • 売付注文は最も価格が安い注文が優先されます。
2. 時間優先:

同一価格の注文は発注が早いものから売買を成立させていきます。

偶数約定取引単位:100株

交渉取引では取引単位は指定されていない。

交渉取引取引は、連続約定方法の結果から参照価格が確立されるまで,新規上場株式の最初の取引日、又は25日間連続中断された後の再取引日に行うことは許可されません。

証券の種類

取引方式

価格表の単位

株式

市場取引

100 VND

交渉取引

指定なし

株価に対する当日基準値幅は参照価格と比較して±15%です。

上限価格(最高価格)=参照価格x(100%+値幅)

下限価格(最低価格)=参照価格x(100% - 値幅)

参照価格は前日のザラ場方式で行う偶数ロット取引の加重平均です。

新規取引又は25日以上中断された後の再取引の上場株式に対しては、取引初日の値幅は参照価格と比較して±40%です。

既存株主に対して自己株式による配当・賞与を出す場合、権利落ち日に当たる場合の値幅は参照価格と比較して±40%となります。

注文種類

資金凍結・株式凍結

資金決済

株式決済

株式の売買注文

T + 0からT + 2まで

T+2

T+2

注:

T:市場取引・交渉取引による取引日です。

買付注文の場合、資金凍結。売付注文の場合、株式凍結。

資金決済:買付注文をした口座の資金を減らし、売付注文をした口座の資金を増やす

株式決済:売付注文をした口座の株式を減らし、買付注文をした口座の株式を増やす

取引方式:市場取引及び交渉取引

発注数量:01から99株

端株取引はザラ場方式の終値が確定するまで、新規上場株式の最初の取引日、又は25日間連続中断された後の再取引日に行うことが許可されません。

市場取引:

約定されない注文(価格・数量)のみ取消・訂正が許可されます。訂正後の注文の優先順位は次のように決定されます。

  • 数量減少の訂正:注文の優先順位は変わりません。
  • 数量増加の訂正及び価格の訂正:優先順位は、訂正注文が取引システムに入力された時点から数えます。

交渉取引中:

UPCOMシステムで行われた交渉取引は取消不可能。
SSI