企業新着情報

企業新着情報
クアンガイ製糖(QNS: UPCOM)

2019年第2四半期の結果:純売上高が2.07兆ドン(前年同期比13%減)、純利益が3,660億ドン(前年同期比横ばい)となった。 売上の減少は、砂糖収入の伸びが-40%減少したことに起因した。また、豆乳の収入は前年同期比8.5%増加した。 営業利益は販売費の減少(前年同期比22.2%減)により前年同期比6.7%の増加を計上、純財務収益を得た(対2018年第2四半期の純金融費用)。 これは、An Khe製糖工場とBinh Duong豆乳工場のCIT率がより高いことに起因した。

10/09/2019

Tải xuống
ベトナムコンテナグループ(VSC: HOSE)

最近、私たちは同社を訪問し、会社の見通しについて経営陣と話し合いました。 重要なポイントは次のとおりです。2019年上半期の3港の貨物取扱量は前年よりも10%増加した。米中貿易戦争に起因するものではない。 ただし、費用は売上高よりもはるかに高い率で増加した。 

06/09/2019

Tải xuống
更新情報:PVD, HT1, PHR
リグの状況:ジャッキアップリグフリート(JU)の稼働率が2018年上半期の77.4%から2019年上半期に86.8%に向上したことに加えて、日割作業料率が約 5万5千米ドルから5万7千米ドル(前年同期比3.6%増)に増加した。 経営陣によると、JUリグ4基は2019年と2020年に完全に契約され、マレーシアとベトナムにおいて稼働する。日割作業料率に関して、経営陣によると、JUフリートのは、2019年に約5万9千米ドル(前年比5.8%増)、2020年に6万5千米ドル(前年比10.1%増)、2021年に7万5千米ドル(同+ 15.3%増)と予想される。

23/08/2019

Tải xuống
更新情報:VHM, DPM

2019年下半期には、Vinhomesの最初に導入する高級製品ライン(Vinhomes Diamond)で、Vinhomes Smart Cityの5ブロックの販売を完了し、さらに7,000戸を発売すると期待する。 Vinhomes Ocean Parkでは、サファイアとルビーのセクションでさらに8,000戸を発売し、Vinhomes Grand Parkの次のフェーズは今後数か月で発売される予定である。 そのため、同社は2019年に合計50,000戸(対2018年の15,1003戸)で販売することを目指している。これは、ハノイおよびホーチミン市における不動産市場の流動性と比較すると非常に積極的な計画である。

21/08/2019

Tải xuống
カンディエン不動産(KDH: HOSE)

同社は、2019年の株主に帰属する純利益が年間計画の16.2%を超えて1.046兆ドン(前年比29.4%増)に達すると予想している。 これは主に、Venita Parkのタウンハウスプロジェクトと、Phong Phuプロジェクトに関連する残りの土地によってもたらされる。 言い換えれば、2019年下半期の株主に帰属する純利益は前年比45.3%増の8310億ドンに達すると予測される。

20/08/2019

Tải xuống
PVパワー(POW: HOSE)

一方、少ない降水量と共に電力価格が上昇したことにより、電力の平均販売価格が1,615 ドン/ kWhに5%増加し、それで販売量を減らした。 同時に、石炭価格が前年同期比10%上昇し、ガス価格が同6%上昇したため、平均材料費も7%増加した(シンガポール市場の月間燃料油価格、ブルームバーグデータ)。 原材料の投入価格は完成品価格よりもさらに速く上昇したものの、CM1 ・ 2の減価償却が現在行われたため、売上総利益率は2019年6カ月間でに14.6%に達し、4000億ドンの減価償却費削減の原因となる。

16/08/2019

Tải xuống
ダナンゴムタイヤ(DRC: HOSE)

米国への新たな輸出注文のおかげで、2019-2020年の純売上高予測をそれぞれ4.139兆ドン(前年比17%増)および4.47兆ドン(同8%増)に上方修正された。 2019年-2020年の税引前利益はそれぞれ2,130億ドン(前年比22%増)および2,380億ドン(前年比12%増)と見積もられる。 2019年の成長は主にラジアルタイヤ(販売量54万、設計生産能力60万)によってもたらされる。2020年のはラジアル工場のフル操業により、より緩やかになると予測される。

08/08/2019

Tải xuống
ペトロベトナムテクニカルサービス(PVS:HNX)

2019年第2四半期の純売上高は4.98兆ドン(前年同期比14.7%増)、純利益は1470億ドン(前年同期比21.8%減)となった。 親株主への純利益は1,960億ドンであった(前年同期比16.6%減)。 売上高の増加は、M&Cセグメントの売上の増加(前年同期比27%増)によるものであり、売上総利益は、M&Cセグメントのマージンの増加(2019年第2四半期の3.3%対第2四半期の0.3%)およびPTSC-CGGVの終了により290%増となった。ただし、少数株主持分を差し引いた純利益が-16.6%減少したのは、(1)Long Phu 1からの不良債権の引当金として1,180億ドンの管理費(対2018年上半期の70億ドン)(2)PTSC-CGGVの解散に関する資産の再評価による2019年第2四半期の1,150億ドンの別の費用(2018年第4四半期に6220億ドンの費用を計上済み)

07/08/2019

Tải xuống
ホアファット鉄鋼グループ(HPG:HOSE)

純利益は過去2四半期と比較して大幅に回復した。経営陣によると、第2四半期の売上高は15.3兆ドン(前年同期比6%増)、純利益は2.05兆ドン(同7%減)と推定される。それにもかかわらず、純利益は1.77兆ドンの18年第4四半期および1.81兆ドンの19年第1四半期と比較して大幅に改善した。 純利益率の改善は建設用鋼材の前期比2%増に起因した。さらに投入鉄鉱石価格の上昇による影響は、低コストを持つ在庫準備金により緩和された。 また、3月から6月にかけてHRCの投入価格が5%下落したことを考慮すると、第2四半期の売上高も鋼管事業によって支えられたと思われる。 しかし、経営陣によると、鉄鉱石価格の高騰は低コストの在庫の枯渇により、次の四半期にはもっと悪影響を及ぼす可能性がある。

01/08/2019

Tải xuống
ファーライ火力発電(PPC:HOSE)

2019年上半期の未監査の業績が発表された。以下は主なポイントである:

ASPが増加した一方で電力量が減少したため、売上高は前年同期比-2%減の3.95兆トンとわずかに減少した。 第1四半期にEVNからの1020億ドンの割り戻しを除くと、上半期の売上高は前年同期比-4.1%減少したと推定される。

具体的には、2019年上半期の生産量は280万kWh、前年同期比12.2%減となった。2018年にTKVからの石炭供給が急激に不足し、ひいてはほとんどの発電所に影響を及ぼしている。 チャンスを利用してPPCは大量の石炭在庫が2〜3か月のための供給量に近いため(他の工場でのわずか30日と比較して)、より良い価格でより多くの量を市場に販売する。

2019年の降雨量の減少と、年初からの石炭価格の10%上昇(TKVが国内不足を補給するためにより高い価格で石炭を輸入する必要があるため)の両方で、平均販売価格は約8%増加して1,410ドン / kWhとなった。したがって、PPA契約の価格も上昇し、総生産量の80%を占める。

生産量の減少がPPCの売上総利益率に悪影響を及ぼした。 売上総利益は前年同期比2.5%減の5,970億ドンとなり、15%の売上総利益率(前年同期には22%)に相当。 外国為替損失の割り戻しを除くと、売上総利益は前年同期比-19%減、売上総利益率は12.5%減だった。

2018年半ばまでに、Quang Ninh発電所(UPCOM:QTP)への投資から未実現評価損2,040億ドンを記録した。2019年半ばまでには、その損失はわずか120億ドンでした。

税引前利益は7060億ドンに達し、前年同期比-20%減となった。 両年度において投資活動からの未実現損失を除外した場合、税引前利益はさらに33.8%減となると推定される。

純利益は同18.5%減の5830億ドンとなった。その未実現損失を除くと、純利益が同35%減となった。それにもかかわらず、この結果は実際に2019年の目標の90%に相当する。同社が年次目標を達成するための道を進んでいることを意味する。

19/07/2019

Tải xuống
Công ty cổ phần chứng khoán SSI