令状の知識

Đấu giá mới nhất

令状の知識

- 決済価格は、証券取引所によって決定され発表されます。

- 決済価格は、満期日の直前の5取引日における原資産の平均終値であり、満期日を除きます(ホーチミン市証券取引所にての証券取引規定)。

株式とは異なり、原資産の情報が発生した場合(配当、株式の追加発行など)、市場のワラントの価格は調整されません。 ただし、ワラントの行使価格と行使比率は調整されます。 ワラント調整を実施する際の調整および開示義務は、発行機関の目論見書に明記されます。
権利行使価格と行使比率を調整する方式:
+ 新規権利行使価格=旧権利行使価格x権利落ち日における原資産の調整された基準価格/権利落ち日における原資産の未調整の基準価格
+ 新行使比率=旧行使比率x権利落ち日における原資産の調整後基準価格/配当落ち日における原資産の未調整基準価格)
例:投資家は、以下の情報を含むVNM株式の買付ワラントを所有しています。

行使比率

10:1

行使価格

150.000 ドン

2017年6月15日にVNMの終値

155.000 ドン

ワラント期限

6 ヶ月

ワラント単価

1.000 ドン

2017年6月16日(権利落ち日)、VNM株式は、単価の40%で現金で配当を享受する株主名簿を閉じました。 2017年6月16日のVNM株式の調整済み基準価格は151,000 ドンです。
新規権利行使価格とこの買付ワラントの新規行使比率は、次のように調整されます:
新規権利行使価格:ドン 150,000ドン x( 151,000ドン / 155,000)= 146,129,0322ドン
新規行使比率:10 x( 151,000ドン / 155,000ドン)= 9.7419
政令60/2015 / ND-CPに準拠した業務効率、株式規模の条件を満たす証券会社のみが、カバードワラントを発行することを許可されています。
さらに、発行機関は、次の証券委員会規則に規定されている発行限度内でのみ証券を発行することができます。
  • 原資産の場合:各発行機関の発行済みの全てワラントから振り替えた株式数は、自由譲渡株式の総数の限度を超えません。
  • 一回発行の場合:一か所の発行機関の発行済みワラントから振り替えた株式数は、自由譲渡株式の総数の限度を超えません。
  • 証券会社の場合:一か所の発行機関の発行済みのワラントと発行登録ワラントの合計値(取消または失効したワラント数を除く)はその機関の利用可能な資本の価値の限度を超えません。この限度は、国家証券委員会がワラント売買証明書を検討する期間中に適用されます。

ワラントは、投資家とワラント発行証券会社との間の契約であり、発行機関はワラント投資から生じる利子を投資家に支払う義務があります。 投資家の利益を保護し、発行機関の支払義務を確実に実行するために、通達 107/2016 / TT-BTCは以下のように規定します。

  • 発行する前に、発行機関は最低ワラント発行予想額の50%の支払を保証するために預託しなければなりません。この資産は、ワラントの有効期間中に保管銀行に預け入れられます。
  • 毎日、発行機関は流通しているワラントの数に対するリスクヘッジ活動を実施し、証券取引所に報告する必要があります。リスクヘッジ活動の目的は、発行機関がワラント所有者に支払う資産を確実に保証することです。

市場流動性を提供することを主な目的として、市場創造組織は通常、市場で継続的にワラントの売買気配を行い、売買気配は下記の場合において必須となります。

  • ワラント買付注文または売付注文のみ
  • ワラント買付注文と売付け注文は無し
  • 市場価格差率が5%を超えている。 価格差率は、(最低売付価格 - 最高買付価格)/最高買付気配価格。

市場創出義務実行は、ザラ場で行わない(最初の5分間を除く)、売付気配を行う際に次を順守する必要です。

  • 各注文の最小量100 ワラント
  • 注文価格は、5%の価格差を超えないようにします。
  • 注文がシステム上に存在する最低時間は1分です。

次の場合には、市場創造組織は義務から免除されます。

  • ワラントの原資産の取引は中断されています。
  • 目論見書に記載する計算式で計算されたワラントの理論上の価格は10 ドン未満です。
  • 市場創造口座のワラントの数量は100 ワラント未満で、発行機関は売付注文発注を免除されます。
  • 流通ワラントが無い、発行機関は買付注文発注を免除されます。
  • ワラントの上場廃止中、発行機関は売付注文発注を免除されます。
  • ワラント価格が上限価格(上限買付余剰)まで上昇し、発行機関が売付注文発注を免除されるか、ワラント価格が下限価格(下限売付余裕)まで低下し、発行機関が買付注文発注を免除された。
  • 原資産の価格が上限価格まで上昇し、発行機関は売付ワラントの買付注文および買付ワラントの売付注文の発注を免除されます。.
  • ワラントは利率30%以上の状態にある場合、発行機関は売付注文発注を免除されています。
  • ワラントの満期日前の14日以内です。
  • 自然災害、火災、戦争などの不可抗的な事故が発生した時。
  • 国家証券委員会の承認を得た後のその他の場合です。

1. 投資家はどのようにワラントを買付しますか?

投資家がワラントを買付する方法は2つあります。

  • 方法1:投資家は、発行機関による初級市場で売付気配を行う時(国家証券委員会による売付気配証明書の発行した直後)に、ワラント買付を登録できます。
  • 方法 2:投資家は流通市場でワラントを買付することができます(ワラントが証券取引所に上場された後)。

2. 投資家は所有しないワラントの売付できますか?

株取引と同様に、投資家はワラントを所有しない時にはワラントを売付できません。つまり、投資家はワラントを売付出来る前にワラントを所有しなければなりません。

3. 権利行使はどのように行われますか?

満期日に、ITM状態のワラントを所有する投資家は、ワラント権利行使を請求でき、決済価格と行使価格の差額に相当する金額を現金で支払われます。
投資家への支払いは、投資家がワラント行使注文を出した日から、または満期日から05営業日以内に完了します。

4. ワラントの有効期限が切れたときに投資家が権利を実行しないとどうなりますか?

投資家がITM状態のワラントに対する権利行使注文を出さない場合でも、発行機関はそのワラントを所有する投資家に支払わなければなりません。

証券取引所に上場されているワラント取引に参加するとき、投資家はワラントを売買するために株式取引口座を使用することができます。 取引時間、約定方法、取引注文、価格決定の原則、取引単位は株式と同様です。 ただし、株取引には次のような他の規則があります。
単価:すべてのワラント価格は10 ドン
取引日のワラント の上限/下限の価格:原資産の価格変動率に基づき、次の計算式で決定されます。ワラントの上限/下限の価格= ワラント 基準価格+/-原資産の価格振幅行使比率。
例:FPT株式の売付権を所有する投資家(行使比率1:1)、前日に売付されたワラントの終値は2,000 ドン、FPT株式の終値は48,000 ドンです。

FPT株の価格振幅= ドン 48,000 x 7%= ドン 3,360

取引日の売買証券の上限/下限の価格は以下のように決定されます。

  • ワラントの上限価格= 2,000 ドン + 3,360 / 1 = ドン 5,360
  • ワラントの下限価格= 2,000 ドン - 3,360 / 1。

しかし、ホーチミン証券取引所の取引規定によると、ワラントの最低価格はドン 10です。 したがって、この場合のワラントの下限価格は10ドンとなります。

カバードワラントは、リスクが高い金融ツールです。 投資家は取引を行う前にリスクを調査し検討する必要があります。 カバードワラント には以下のリスクがあります。
- 証拠金:ワラントは、投資家の収益性を高めるだけでなく、原資産が以下の判断に反して変動した場合に投資家の損失率を高める可能性も金融投資ツールです。
例:資本金1000万ドンで、投資家が株価が上がると考えると、以下のものを買付しました。
  • ABC株1,000株(ドン 10,000 /株)または
  • 5,000のワラント買付(原資産:ABC、2,000 ドン / ワラントの価格、1:1の行使比率、行使価格:10,000 ドン)

しかし、ABCの株価は予想されたように上昇しなく、 8,000ドン/株にまで落下しました。それぞれのオプションの損失は下記の通りです:

  • ABC株の買付:8,000 ドン - 10,000 ドン)x 1,000 = -2,000,000 ドン => 20%の損失
  • 5,000 ワラントの買付のすべての費用:1000万ドン→100%損失
- 限られたライフサイクル:原資産とは異なり、ワラントは常に限られたライフサイクルを持っています。 したがって、満期時には、投資家は株式投資などのワラントを継続して保持することはできなく、支払われるか、最初のワラント買付費用を失うことになります。
- 時間:ワラントの価値を構成するいくつかの要素は時間とともに減価し、ワラント価格の下落につながる可能性があるため、投資家はワラントを長期にわたる買付および保有できる商品と見なさないほうがいいです。
例:振幅はワラントの価値を生み出す要因の1つであり、存続期間が長ければ長いほど、原資産価格の変動の可能性が高くなり、ワラントの価格が高くなります。 逆に、存続期間が短ければ短いほど、原資産の価格変動の可能性が低くなり、ワラントの価格が下がります。
- 市場の需要と供給:他の商品と同様に、ワラント価格は常に需給要因の影響を受けます。
- 原資産の変動もワラント価格に直接影響します。 原資産の振幅が上昇する要因がある場合、ワラントの価格は上昇します。逆も同様です。
- 発行機関:ワラントは発行機関と所有者の間の契約であり、発行機関は所有者が権利行使を請求したときに原資産の支払いまたは譲渡を行う義務があります。 したがって、ワラントが満期日までの流通期間中に、発行機関が支払不能であったり倒産したりすると、ワラントの所有者にとってリスクが発生します。
SSI